エストの虹色あろま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入院時のアロマ

先日、新発田県立病院へお見舞いに行った。ここへ来るのは、2度目。

1回目は、レストランで食事をしただけで、中もろくすぽ見ずに帰った。

なので、今回の訪問はかなり衝撃的だった。大部屋といえど、一人一人の

プライバシーが保たれている事にびっくり。以前のイメージだと大部屋では、

他の患者さんの家族やお見舞いに誰が来ているかも、全部わかる状態で

プライバシーのかけらもなかった。今では、一つの部屋を全てカーテンで仕切って

いる。聞こえるのは他の人の声だけ。室内も明るく、カーテンはピンクでリラックスできる

雰囲気なのである。病室へ行く前に、1階を探検。カッカフェもあるんだ・・・快適だね。

ATMもあるし、デイルームと呼ばれる場所も、見晴らしがよく兎に角便利快適に

創られていた。

入院時のアロマについて少し考えてみた。

個人の場合はあまり気にせずとも、相部屋の時にはなるべく揮発性の高い

あまり香りの残らないタイプ、誰からも好かれるエッセンシャルオイルを使用するのがベスト。

例えば、オレンジ、マンダリン、ベルガモット、レモンなど。

ラベンダー、カモミール・ローマン、ペパーミント、ローズウッド、ティーツリーも

お勧めですが、人によっては好ましくない香りになるので、無難で馴染みのある

柑橘系のエッセンシャルオイルがいいかと思います。

細菌・ウィルス・真菌から体を守ると言われている精油や、自然治癒力を高めると

いわれているものや、鎮静、多幸を感じると言われている精油を選ぶのが

ベストです。主な使い方は、手浴・足浴・清拭。この時にお湯、目安としては洗面器

1杯、に上記のエッセンシャルオイル2種類をブレンドして合わせて4滴。

お風呂に入れない時やリフレッシュにはもってこいの方法ですね。

アロマでヘルシィエスト♪

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。